読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなもの・好きなこと・好きなだけ

好きなもの好きなことについて書きます。断捨離とまではいきませんが、整理整頓とか買い物とか旅行とかお金を使うことが好きです。

写真の断捨離!写真を捨てました。

10年ぐらい前から写真のほとんどはデジタルデータになりました。なのでそれ以降の写真はありません。それ以前が問題です。結構写真を撮るのが好きだったので1000枚以上ありました。

すべて無印のアルバムに入れていました。1冊に60個ポケットがあるのですが、1個のポケットに2~4枚ずつ入れて、1冊に150枚ぐらいの写真が入っていました。それが6冊ありました。

最終的にはアルバム2冊分だけ残すことにしました。1個のポケットに写真は1枚だけ入れることに決めて120枚だけ残しました。

アナログ→デジタル化

以前から写真を捨てたいなあと思っていました。プリントした写真は劣化するので、20年以上の前の写真は周囲が黄ばんできていてやばいなあと思っていました。そういうのも味がでていいのかもしれませんが。去年ぐらいから少しずつスキャナーでスキャンしていました。

はやりそのまま捨てるのはちょっと抵抗がありました。

残す写真を選別

ゴールデンウィークに入り時間ができたこともあり、思い切って捨てることにしました。残す写真を選別しました。選別方法は直観です。写真をみて楽しかったなあと思えるものを残し、つらかったことや嫌な気分になる写真は捨ててしまうことにしました。

モノを断捨離するときと一緒ですね。

残す写真が多すぎる

嫌な気分になる写真を捨てようと思ったのですが、特定の時期の写真は全部捨てたいけれど、楽しかった時期の写真は1枚も捨てたくない気持ちになってしまいました。全部デジタル化してあるので、捨ててしまってもいいのに、思い切ることができず。500枚ぐらい残ってしまいました。1個のポケットに1枚入れることにした場合、アルバム6冊では足りない枚数です。

さらに残す写真を厳選

残す枚数が多すぎて断捨離にならないじゃんということで、さらに厳選することに。残したい写真の中でダイジェスト版を作ることにしました。というのは高校の学校祭のように思い出したくないときの写真はすでに1枚も残っておらず、社会人1年目のときの同期と遊んだときの写真が大量に残っている状態でした。同じ日に撮った写真からその日のベストショット3枚ぐらいを残すように方針を変更しました。

そうすると、残す写真の枚数は120枚ぐらいまでにできました。

さいごに

捨てる写真900枚はシュレッダーしました。結構時間かかりました。そして残った写真は無印のアルバム2冊に整理していれました。ちなみにこの2冊分というのは自分が撮影したもののみです。家族が撮影した子供のころの写真は捨てられていません。こちらもデジタル化はしてあるので、いつでもいいのですが、どうしたらいいでしょうね。