読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなもの・好きなこと・好きなだけ

好きなもの好きなことについて書きます。断捨離とまではいきませんが、整理整頓とか買い物とか旅行とかお金を使うことが好きです。

先日買った毛玉とり器を使ってみました

毛玉とり器買いました。

泉精器製作所の毛玉とるとる KC-NB34-G です。

f:id:s-cubed:20170214233933j:plain

単3電池2本で動きます。

買ったら捨てる。

まずは断捨離からです。

捨てたもの

f:id:s-cubed:20170214233928j:plain

毛玉とりブラシ

100均のもの
うまく使いこなせませんでした。
毛玉取れても汚れが付いてしまうのです

毛玉とり器

100均のもの
気に入って買ったセーターに穴を空けられから、恨みを持ちながらも1年ぐらい使っていました。
厚みのある目の詰まったスムース素材
例えばフリースには問題なく使えていました。

 

洋服用ホコリ取りブラシは保留

1000円以上したちょっといいやつです。

コートやスーツなどのほこりを落とすブラシです。ブタかウマの毛だったと思います。ブラシの反対側にエチケットブラシがついています。このエチケットブラシほこりを広げて、いい感じにオシゴトの邪魔してくれます。いつも最後はコロコロでほこりをとるはめに。動物のけのブラシは役立っているので、まさかスーツやコートのほこりを取るために毛玉とりの稼働させるわけにいかないよねということで残留です。

毛玉綺麗にとれるよ

3段階に切替つき

ふわふわガードという毛玉とりの面に枠がついています。手動でダイヤルを回すように左右に回すと、その枠が浮き上がったり毛玉とりの面にひっついたりします。これで毛玉とりの面が布に密接する距離を近づけたり離したりします。
毛足の長いセーターの場合はこの距離を大きくしておけば、ふんわりした風合いを残して、目立つ毛玉だけをとれるという仕組みになっています。

モード切替

デリケートな素材とノーマルのモード切替ができます。
違いがよくわかりませんでした。デリケートの方が若干音が小さい気がします。

どんな設定にしても100均よりも短時間でキレイに毛玉が取れます。
お気に入りのセーターにはまだ試していません。

ちょっと気になるところ

音が大きいことです。そのため、テレビを観たり、音楽を聴きながら、毛玉取るのはちょっと難しいです。

さいごに

シーンとした静かな室内で毛玉とりの音を聴きながら、何も考えずに無心で手を動かすのは結構好きです。
毛玉を取るものがなくなるまでか、電池がなくなるまでか、ずっと続けてしまいそうです。

毛玉とりのアルバイトがあればやってみたいです。最低賃金でもいいかな。