読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなもの・好きなこと・好きなだけ

好きなもの好きなことについて書きます。断捨離とまではいきませんが、整理整頓とか買い物とか旅行とかお金を使うことが好きです。

数年前に基礎化粧品やめた

2~3年前に肌のトラブルが続いたときに、基礎化粧品をやめました。

f:id:s-cubed:20170121000234j:plain

お肌のトラブル

お肌のトラブルの原因は、ストレスとか加齢が原因だと思われます。皮膚科に行って検査をしてもらってもこれといった原因がみつからず、ストレスためないようにゆっくり休んでとだけ言われて、症状を和らげる薬を処方されて帰されました。

薬を飲んだり、塗ったりすれば治るのですが、ちょっとするとまた別の症状がでて皮膚科へということを繰り返していました。

そのころは、肌はがさがさでキメなんてありえない毛穴の開いたひどい顔をしていたところに、追い打ちをかけるようにぶつぶつができたり赤くなったりざらざらができたりしていたので、もう見られたものではありませんでした。

クレンジングの肌への負担

これは以前から気になっていて、オイル、ジェル、クリームなどいろいろな種類のいろいろなメーカーのものを試しました。これがいいというものには出会えずでした。でもファンデーションを塗らないという選択肢はなく、どうしたものかと悩んでいました。

基礎化粧品をやめようと思ったきっかけ

なんてことはないネットで調べていたら、基礎化粧品を使わない人の話をみかけたからです。クレンジングがよくないというのは多くの人が言っています。それで、負担の少ないものといっておすすめしているのもよくみかけます。

でも一番良いはクレンジングしないことなんだと悟ったのです。

ミネラルファンデーションとの出会い

クレンジングやめたほうがいいと言っている人の話でみかけたクレンジング不要のファンデーションを購入することにしました。

ミネラルファンデーションを使えばお肌の調子が良くなるのかなと半信半疑でした。そして最初はものの見事に裏切られました。全然キレイになんてなりません。むしろ今までのファンデーションと違ってお肌の調子が悪いと全くキレイに仕上がりません。むしろがざがざの汚い肌が目立ちがっかりしました。

ファンデーションを落とすときは、無添加のせっけんをよく泡立ててそっとやさしく洗顔するだけです。肌は汚いけれど、洗顔でファンデーションが落ちていないという感覚はありませんでした。

肌は全然キレイにならないけれど、この方法はそれなりに時間がかかるという情報もあったので、新陳代謝には時間がかかるんだと思って、根気よく続けてみようと思いました。

基礎化粧品もやめてみる

3ヶ月たっても6ヶ月たってもキレイになってきているという実感はありませんでした。クレンジングをやめるだけではダメなのかもしれないと思い、化粧水と乳液、美容液も全部やめることにしました。そうはいっても一遍に全部やめることができず、まずは乳液、その次に美容液、その次に化粧水と順番に少しずつ半年ぐらいかけて全部やめてしまいました。お肌の乾燥してつっぱる感じがするときは、ニベアか白色ワセリンをほんのちょっとだけ塗るようにしました。

この時点で、クレンジングをやめてから1年ぐらいが経っていたと思います。このころには肌のトラブルで皮膚科のお世話になることはほぼなくなりました。

基礎化粧品をやめて数年後

今現在は好調です。肌のトラブルで皮膚科に行くことはありません。そしてファンデーションのノリも悪くなく、肌がきれいと言われるようにもなりました。2~3年前は一切言われなかったことです。

シミ、クマ、しわ、たるみは歳相応にあると思いますが、化粧品以外の別の方法で努力することにしました。食べ物や筋肉が衰えないように気をつけるようにしました。

また、ここに到達するまでに色々なメーカーのミネラルファンデーションを試しました。今使っているものが一番合っているのだと思います。気が向いたら、石鹸で落とせるというミネラルファンデーションの新商品は試してみようと思います。

クレンジングも時々使っています

クレンジングを完全にやめたわけではなく、SPF50の日焼け止め入りのファンデーションを使ったときは、クレンジングを使っています。さすがに密着力が強力で無添加の石鹸だけでは落としきれません。

クレンジングを選ぶときに気を付けている点は、

  • W洗顔不要であること
  • 強くこすらなくても落ちるもの

です。

今使っているものは、ジェルタイプで強くこすったりしなくても簡単にするりと落ちるタイプです。CMやドラッグストアでもよくみかける1000円ぐらいで購入できるものです。クレンジングの後は、基本的に何もつけません。乾燥する場合はワセリンを少しだけつけるぐらいです。

まとめ

ネットなどをみているとこの方法が合わない人もいるようなので、合わない場合はやめた方がいいと思います。もしまだ試したことがないのならば、一度試してみてもいいかもしれません。

ちなみにシャンプーもやめたいと思ってチャレンジしましたが、今のところすべて失敗に終わっています。シャンプーしてもしなくても不調なのですが、シャンプーしないと臭くなりがちで不快感が追加されるので、しないよりはましということでシャンプーはやめられません。

なにか良い方法があればまたチャレンジしたいと思います。