読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなもの・好きなこと・好きなだけ

好きなもの好きなことについて書きます。断捨離とまではいきませんが、整理整頓とか買い物とか旅行とかお金を使うことが好きです。

Mac miniをリサイクルに出しました

捨てたもの

DELLのPCをリサイクルに出したときはそんなに手間がかかった感じはしなかったのですが、Mac miniはわかりずらかったです。

f:id:s-cubed:20170120232142j:plain

結構古いMac mini ですが、かっこいいです。デザインがよいです。

リサイクルの申し込み

2003年10月以降に発売のMacPCリサイクルの対象になっているので、無料で回収してもらえることはわかっていたのですが、手順がわかりませんでした。

ネットで検索してみつけたappleのページでは、電話してくださいとの記述がありました。

その番号に電話すると、ネットから申し込みしてくださいと。。。怒

仕方ないので再度ネットで調べると、ページありました。

家庭系PCリサイクル回収申込(1/6)

このページから後は必要事項を入力していくのですが、製品の情報を入力しなければいけません。

購入したときの箱や書類を全部とっておいたので、なんとか全部入力できました。

製品名とシリアル番号は箱の側面に書いてありました。

f:id:s-cubed:20170120232534j:plain

あらためて箱までかっこいいです。

この箱の手前の側面です。

f:id:s-cubed:20170120232556j:plain

MB463J/AはEarly2009です。2009年なのでもう8年前。

申し込みの際には、上記に加えて「リサイクルマークシールNo」というものの入力を求められます。

箱にも本体にもどこにも書いてなくてヤバイ!と思ったのですが、箱の中に入っていました。

f:id:s-cubed:20170120233110j:plain

右上のシールに書いてある番号のことでした。

後は自分の住所などを入力するだけ。

もちろん回収費用は0円です。

申し込みから数日で封書が届きます。中にはエコゆうパックの伝票が入っているので、それと廃棄するPCを梱包して郵便局から発送すれば完了です。

購入時のものをとっておいてあれば問題ないですが、そうでない場合ちょっと面倒なことになりそうです。

とりあえず無事にリサイクルに出せたのでよかったです。

appleの場合、下取りという方法もあるようですが、ちょっと古すぎて0円でした。

最後に

購入時のOSは、Mac OS X v10.5 Leopard

f:id:s-cubed:20170120234350j:plain

インストールディスクが付属していました。

そして購入時に無料でOSアップグレードの申し込みができる特典があり、手に入れたCDはこちら

f:id:s-cubed:20170120234510j:plain

もう使わないので捨てましたが、ただ捨てられず写真撮ってしまいました。

途中、メモリを2GBに増設したりしてOSのアップデートをし、大切に使ってきました。

開腹手術のためにお好み焼き用のヘラみたいなの買ってきて無理やりこじ開けてメモリ差し替えたのです。このモデルはまだ自分で開けられないようになっていて、開けるとサポート対象外になっていました。この次のモデルから自分で開けられるようになったはずです。でもまたそのあとに開けられなくなった?ちょっと記憶が定かではないです。

そして、最後のOSアップデートは、OS X Mavericks 10.9 でした。

それ以降は何かがダメでアップデートに断念しました。残念ながら覚えていません。