読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなもの・好きなこと・好きなだけ

好きなもの好きなことについて書きます。断捨離とまではいきませんが、整理整頓とか買い物とか旅行とかお金を使うことが好きです。

それをまた買いたいと思うかどうか

やりたいこと

断捨離で検索しているときに見つけた言葉です。

f:id:s-cubed:20170121000058j:plain

断捨離の基準について、1年以上着ていなかったらとかときめかない場合とかよくみかけます。

1年以上着ていないとか使っていないというのは良い基準かもしれません。でも1年ってアッという間に過ぎてしまうので、ちょっと短いかなと思います。

で、ときめかない場合というのは、すごく難しくて考えれば考えるほどよくわからなくなります。

「ときめく」で検索してみると

喜びや期待などで胸がどきどきする。心が踊る

でした。

もの特に服に対してときめくって感情ないです。好き嫌いというのはあります。

その理由は着心地がよいとか色が好きとか足が長く見えるとか痩せて見えるとかいろいろあります。

それがときめきと結びつかずに悩んでしまいます。私はときめくという基準で片づけをすることには向いていないだけなのでしょう。

とりあえず今まではときめくということはあまり意識せずに好き嫌いでモノを手放してきました。

それでも捨てられないものが多くて、モノが増えていくので、常にどうやってモノを減らすかということを考え続けているのです。

そこで見つけた言葉が

また買いたいと思うかどうか 

でした。

これはわかりやすい。とっておくか捨てるか迷ったとき、そのモノをまた買いたいと思ったら残留。次はもう買わないと思ったら引退。

とても納得しました。もし傷んできていて引退させるものは、また買いたいと思ったら、同じモノまたは同じようなモノを買ってくればいいのです。

今週末は断捨離がすすみそうです。

あっでもこの考え方、思い出のモノには注意ですね。また買うことはできませんから。