読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなもの・好きなこと・好きなだけ

好きなもの好きなことについて書きます。断捨離とまではいきませんが、整理整頓とか買い物とか旅行とかお金を使うことが好きです。

買って良かった掃除機

好きなもの

ツインバード サイクロン スティック型クリーナー ホワイト TC-EA35W ¥ 3,034 を買いました。

f:id:s-cubed:20170121000307j:plain

 それまでもスティック型の掃除機を使っていました。10年ぐらい前に購入、1万ちょっとしたと思います。今回買ったモノよりも太めで重いです。元からそんなに吸引力の優れたモノではなかったのですが、ちょっと前からさらに吸い込みが悪いと感じるようになりました。内部のお掃除をすれば、直るんだろうなあとは思っていましたが、めんどうで放置していました。吸い込み口にブラシがついているのですが、ブラシが劣化も気になっていました。極め付けは、自動巻き取り式のコードが固定されず手で押さえていないと巻き込まれる状態になってしまいました。延長コードで繋げば問題ありませんでした。この時点で買い替えればいいのに、なんとなくそのまま使い続けていました。そういうの良くないですよね。

アレほしい

最近はスティック型のコードレスクリーナーというものがあってデザインも良いらしいということを色々なところで見聞きしていただけでしたが、掃除業者さんが実際にコードレスクリーナーを使っているところをみて、いいなあ欲しいと思いました。

ネットで情報収集

  • 最初の条件は
  • スティック型
  • コードレス
  • 軽いこと
  • 場所をとらないこと
  • 1~2万円ぐらい?
  • 吸引力があること ホコリや髪の毛レベルの軽くて小さなゴミをちゃんと吸い取ってくれること
  • デザインはかっこいいものがあればいいけれどお値段次第

コードレスクリーナーの問題点

色々調べていくうちに充電時間が長いわりにと稼働時間が短いという問題があるということがわかりました。週に1回は掃除機をかけているのですが、それ以上はやりません。気が向いたら掃除機をかけるので、使いたいと思った時に電源が入らないと掃除する気が失せてしまいます。だからといって週に1回ぐらいしか使わないものをずっと充電しておくのは電気代がもったいないです。

稼働時間が短いのも問題で、気分が乗ればクローゼットの中やテレビの裏側、家具の隙間の掃除をします。広い部屋ではないので細々としたところをやらなければ10分もあれば終わります。念入りに隅々まで掃除をはじめるとエンドレスです。そんなことはめったにないのですが、やる気になった時にやっておかないと、いつまでたってもやりません。稼働時間が短いと大切に機会を逃してしまいます。

稼働時間の長いものを探すと今度は予算の何倍ものお値段です。掃除機にそこまでお金はかけられないので条件の見直しです。そもそもなぜコードレスがいいのかということを考えることにしました。

コードレスがいいと思った理由

コードが届かない時にコンセントの差し替えが不要コードの取り回しを気にしなくて良い。コードの上を掃除してイライラすることがない。でもよく考えてみたら、スティックの持ち手を持つ時にコードを持ち、回転しなければそんな不便でもない気がしてきました。それにいいなと思った点はこれだけ。

ということでコードレスを諦めて再検索しました。すると5000円以下で買えるんじゃないですか。

ツインバード サイクロン スティック型クリーナー ホワイト TC-EA35W の良い点

買う前に決めていた条件以外に良いと思った点です。

  • 吸い取ったゴミが見える

1回掃除機をかけるだけでゴミがたまります。それをみると掃除した成果が見えて満足です。そして毎回吸い取ったゴミをゴミ箱に捨てるようになりました。毎回水洗いまではしませんが気持ちが良いです。

  • デザインが悪くないので部屋の隅に置いておける

スタイリッシュでかっこいいというほどではないですがスリムで場所をとらず存在を主張しない無難なデザインなので、無理にクローゼットに隠さなくても良いです。

ツインバード サイクロン スティック型クリーナー ホワイト TC-EA35W のイマイチかなと思う点

  • 手元スイッチ

本体と手元の両方にスイッチがあります。どちらか一方がONならばON。最初それに気づかずOFFにしても電源が切れず、壊れたと思いました。安いから仕方ないのかなと一瞬がっかりしてしまいました。でも壊れてなかった。

  • 吸い込み口にブラシやクッションがついていないのでフローリングを滑らす時に傷がつきそうな音がする。

今のところ傷ついてはいないです。音がするだけ、でも心配。

  • 狭いところが奥まで掃除できない

細部用の吸い込み口がついているのですが本体に直接取り付ける形になるので、本体が入る幅か細部用の吸い込み口の長さまでしか届きません。

最後に

コードの巻き取りは面倒かなと思ったのですが、ひっかけるところがあるので問題ありません。軽いのでコードに引っかかりそうになっても片手で本体を持ち上げ、反対の手でコードをつかめるので苦になることはありません。何と言っても吸引力がとても良い、畳やフローリングの上では、ゴミの近くに吸い込み口が近づいただけで吸い取ってくれるので気持ちが良いです。おかげで楽しくお掃除できるようになりました。でも週に1回しか出番がないことには変わりないんですけどねー笑